スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第14話「Mothers&children」

2008–08–12 (Tue) 20:42
魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.9[あらすじ]
なのはとフェイトの部屋で、静かに過ごすヴィヴィオ。フォワード陣も、来るべき戦いに備え、各自のデバイスのセカンドモードに順調に馴染んでゆく。はやてはティアナを伴い、事件調査の進展報告と今後の相談のため、クロノの艦・クラウディアへと向かう。現場検証へ向かうフェイトは、現在の管理世界で使用が禁止されている「質量兵器」の危機をエリオとキャロに語って聞かせる。

[あらすじの続き]
管理局誕生の歴史と質量兵器根絶の歴史。現在の魔法文化の成り立ち。それらを2人に語りながら、フェイトは先日の会談と、機動六課の今後について思いを馳せる。本局と地上本部の確執。予期される危機に対して、最前線で立ち向かうこととなる機動六課の任務。はやてやなのは・隊員たちを守り、事件を解決するため、決意を新たにするフェイト。オフィスに残ったなのはとスバルは、昼食にヴィヴィオとともに取るために寮へと向かう。行き場のないヴィヴィオの保護責任者となることを決めていたなのはだったが、その事を上手く理解できないヴィヴィオに、スバルが「なのはさんがヴィヴィオのママ」という言葉を伝え、なのはとヴィヴィオは互いにそれを受け容れる。2人の後見人となったフェイトも、ヴィヴィオからはママと呼ばれるようになり、ヴィヴィオは2人のママのもと、笑顔を見せる。その頃、陸士108部隊では、ゲンヤとギンガ・本局技術管マリーが、先日の襲撃者たち・・・ナンバーズたちのデータを解析していた。その正体は「戦闘機人」。戦闘機人は、スバルとギンガの母が死亡することになった事件と、深い関わりがあったのだった・・・。
スポンサーサイト

 | HOME | 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

水月

Author:水月

カウンター

最近の記事

カテゴリー

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。