スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンナウツ 第25話「勝利の先に・・・」

2009–04–01 (Wed) 06:02
ONE OUTS-ワンナウツ-DVD-BOX First[あらすじ]
1対ブルーマーズ3回戦。リカオンズのオーナー彩川の命令で、東亜潰しを始めたブルーマーズナインは、九回の表、まず、ビーンボールで攻撃。その裏、1塁を守る東亜に、打者走者がわざと接触するラフプレーを行った。だが、東亜は、この潰し行為を予想していたかのように上手くかわして無事。モニターで見ていた彩川は、新たな策謀を実行に移した。

[あらすじの続き]
ワンナウトで登板した東亜は、ストライクを取った後、ブルーマーズの打者・川端から思わぬインネンを付けられた。投球の揺れ方がおかしいという川端は、出口の持つボールに紙やすりで付けたキズを見つけ、「反則だ」と主審に抗議したのだ。これを知ったスタンドのブルーマーズファンは、大ブーイングの嵐。審判は、東亜の身体検査をせざるをえなくなった。反則と判定されれば、東亜は長期間試合に出場できなくなる。つまり、彩川の狙い通りにコトが進むのだ。
ベンチなどから身体検査を求める声が出る中、東亜は、条件付きでこれを飲んだ。その条件というのは、ボールに触った全員を調べろ、というもの。触ったのは、主審、東亜、出口、そして、川端の4人。実は、東亜のポケットにソッと紙やすりを押し入れた川端は、別の紙やすりでボールにキズをつけ、これをネクストバッターサークルの次の打者に渡していたのだ。
身体検査を受けた東亜からは、紙やすりは発見されなかった。だが、身体検査の順番を待っていた川端は、自分のポケットに紙やすりが入っていると気付き、ア然となって―。
スポンサーサイト

 | HOME | 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

水月

Author:水月

カウンター

最近の記事

カテゴリー

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。