スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンナウツ 第24話「陰謀」

2009–03–25 (Wed) 19:38
ONE OUTS-ワンナウツ-DVD-BOX First[あらすじ]
1勝1敗のタイで迎えた対ブルーマーズ3戦目。1点ビハインドの九回表、ニセナックルの弱点をついて2塁に進んだ東亜は、相手投手・ウィリアムスが細工ボールを持っていると知り、3塁への盗塁を狙った。サードがエラーすることを恐れ、送球が自然に揺れてしまう細工ボールを投げられないウィリアムス。キャッチャーの沢村は、細工ボールを普通のボールに換えたかったが、マウンド上では視線が集中するため不可能。その結果、東亜は、常識外れのリードを取り、楽々盗塁に成功した。

[あらすじの続き]
細工ボールを普通のボールに換えた沢村は、今度こそ東亜をアウトに取れると考えた。だが、次に東亜が決行したのは、目を疑うようなノーアウトからのスクイズ。沢村が内野からの送球を東亜にタッチするのを見た誰もが、アウトと思った。
ところが、東亜のアピールで、転がっているボールを見つけた審判は、セーフを宣告し、同点。実は、ホームに突っ込んだ東亜は、沢村のレッグガードの中に隠していた細工ボールを引っ張り出して転がしていたのだ。
東亜に細工ボールのトリックを見破られたウィリアムスは、その後、大きく崩れ、リカオンズは、逆に3点差をつけてしまった。
だが、この様子を見ていた彩川は、なぜかほくそ笑んだ。実は、彩川は、42億円にふくらんだ東亜との契約金を帳消しにする奥の手を、契約書の中に書いておいたのだ。つまり、東亜が故障して試合に出られなくなった場合、ベンチの意向に従えなくなったとの理由で、1試合につき5億円の違約金を支払う必要があったのだ。
打席に立った東亜は、彩川の極秘の指令を受けたブルーマーズの選手たちの潰し攻撃を受けるはめになって―。
スポンサーサイト

 | HOME | 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

水月

Author:水月

カウンター

最近の記事

カテゴリー

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。