スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンナウツ 第23話「攻略」

2009–03–18 (Wed) 19:46
ONE OUTS-ワンナウツ-DVD-BOX First[あらすじ]
対ブルーマーズ第3戦。3点差を追うリカオンズは、盗聴器の隠し場所を見つけたことを逆手にとって反撃を始めた。先頭打者がフォアボールで出塁した後、相手の裏をかく攻撃で走者1、2塁。ここでヒットが出て1点追加し、2点差となった。

[あらすじの続き]
ブルーマーズを実質的に動かすコーチの城丘は、インチキだらけのマーズスタジアムをプロデュースしたこともあり、リカオンズの反撃に焦りを隠せなかった。なぜか三原のサインに、リカオンズの選手たちが全く従わない。だが、リカオンズの選手の「スライドサイン」という言葉を盗聴した城丘は、三原のサインが東亜の指示でスライドされていると推理。サインを解読されたリカオンズは、その後、後続を断たれてしまった。
2点差で迎えた九回表。ブルーマーズは、守護神のウィリアムスをストッパーとして登板させた。ここで打席に立ったのは、リカオンズの代打の切り札・児島。ウィリアムスが、細工ボールを使ったインチキ“ナックル”を3球投げて、カウントは1-2となった。ウィリアムスの“ナックル”とシンカーのスピードと軌道は全く同じ。そのため、これまでバッターは、キリキリ舞いさせられ、アウトになる可能性が高かったのだ。
だが、東亜の秘策を聞いていた児島は、なんとシンカーを待っていたかのように強振。打球は、点差を1点に縮める場外ホームランとなった。
東亜が児島にしたアドバイスというのは、キャッチャーの沢村からのウィリアムスへの返球。インチキボールを隠し持つ沢村は、それをウィリアムスに渡す際、細工ボールと分からないよう慎重に握りを正し、“ナックル”にならないように投げ返していた。つまり、沢村の返球の際の様子を見れば、次が“ナックル”かどうかが分かるのだ。
この後、打席に入った東亜は、自分ひとりで必ず同点にすると宣言して。
スポンサーサイト

 | HOME | 

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

水月

Author:水月

カウンター

最近の記事

カテゴリー

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。