スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンナウツ 第22話「盗聴」

2009–03–11 (Wed) 19:33
ONE OUTS-ワンナウツ-DVD-BOX First[あらすじ]
ブルーマーズによって盗聴されていると気付いたものの、東亜は、肝心の盗聴器の隠し場所が分からなかった。東亜のサインが必ず監督の三原経由で出されることを考えると、その周辺が怪しいことになる。三原のユニホームに隠されている可能性がほとんどない、と考えた東亜は、試合中ほとんど動かない三原の居場所、ベンチ隅の定位置周辺が怪しいとにらんだ。

[あらすじの続き]
ところが、三原をその定位置から動かしてサインを出させても、リカオンズ側の作戦は、ブルーマーズにツツ抜け。追いつめられた東亜は、もう一度パターンを変えようと三原に近づく。その時、東亜は、ついに盗聴器の隠し場所に気付いた。そして、自分の推理を証明するために、東亜は、ベンチ前のボールの箱をひっくり返した。
たくさんのボールが転がり出るのを見た主審は、東亜に注意した。ボールボーイがグラウンドに転がったボールを拾い集める。東亜は、この時、再びサインの変更を指示。それまで相手打線に苦しめられていたリカオンズの投手・西岡は、相手打線を三者三振に討ち取ってしまった。
ブルーマーズ側の盗聴器は、三原が定位置から動いても、一緒にくっついて動ける場所――つまり三原に怪しまれずに近づけるボールボーイのポケットの中に隠されていたのだ。東亜から話を聞いた児島は、すぐにボールボーイを調べようと告げる。だが、東亜は、この盗聴器を逆に利用して反撃しようと提案。作戦は、すぐに実行に移された。五回表、リカオンズは、ブルーマーズの盗聴のウラをかく作戦で、反撃を開始して――。
スポンサーサイト

 | HOME | 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

水月

Author:水月

カウンター

最近の記事

カテゴリー

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。