スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンナウツ 第04話「ナインの資格」

2008–10–29 (Wed) 13:27
ONE OUTS-ワンナウツ-DVD-BOX First[あらすじ]
練習に全く顔を出さない東亜のことが話題になる中、いよいよペナントレースが始まった。リカオンズは、負傷した児島が復帰していなかったこともあり、開幕 11連敗の最悪のスタート。だが、監督の三原は、オープン戦で完全試合を達成し一躍脚光を浴びた東亜をなぜか出場させなかった。

[あらすじの続き]
実は、例の契約のことを考える彩川は、入場者数が昨年に比べて大幅に増加したこともあり、東亜の登板を止めさせていた。リカオンズのスタッフは、フロントはもちろん、現場の指揮官である三原まで彩川のいいなりだったのだ。

東亜が、初めてプロ野球の公式戦のマウンドに立ったのは、翌日のイーグルス戦。初回に11点も奪われたリカオンズはすでに負けムードだった。東亜が対戦した初めての打者は、俊足の岡部。東亜の研究を十分に行った岡部であったが、打球はボテボテの内野ゴロ。この打球をショートの吉田が捕れなかったため、岡部は出塁。二盗する岡部を見た捕手の送球を、吉田が今度は後逸して、岡部は三塁にまで進塁してしまった。

東亜は、吉田が彩川の指示でわざと失策したと見て、フェアグラウンドの外に出るよう命令。ベンチの三原が全く動かなかったため、東亜は、8人でイーグルスと戦うことになった。選手たちは、そんな時でも、相手選手を挑発する東亜を見て呆れ顔。

その後、守備の乱れで2人の走者が出たため、リカオンズは、無死満塁の大ピンチとなった。しかし、奮起した三塁の今井ら選手たちは、トリプルプレーで何とかこのピンチを切り抜け、追加点を免れた。

7回表、東亜の力投に応えたリカオンズ打線が反撃し、4点を奪う。だが、イーグルスは、抑えの要・水橋を救援させ、リカオンズの反撃をピシャリと封じてしまった。そして、リカオンズの敗色が濃厚となった8回。投球のクセを見破れば味方が水橋を打ち崩せると知った東亜は、わざと相手の捕手に聞こえるように、打者に思わぬ言葉を告げて―。
スポンサーサイト

 | HOME | 

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

水月

Author:水月

カウンター

最近の記事

カテゴリー

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。