スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダム00 Second 第25話「再生」

2009–03–30 (Mon) 06:45
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [DVD][あらすじ]
情報が入り次第更新します。
スポンサーサイト

機動戦士ガンダム00 Second 第24話「BEYOND」

2009–03–23 (Mon) 11:01
機動戦士ガンダム00 (1) [DVD][あらすじ]
敵母艦内に侵入したティエリアはそこで驚愕の事実を知る。そして……。防戦に撤するプトレマイオスだったが、敵の休むことのない猛攻に劣勢を強いられ続けていた。一人、また一人と倒れていく仲間たち。その命の灯火に応えるよう、刹那が吼える。

機動戦士ガンダム00 Second 第23話「命の華」

2009–03–16 (Mon) 19:22
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [DVD][あらすじ]
ボンズにとうとう造反の意思を示したリジェネ。一方、カタロン、連邦軍をも巻き込んだ、アロウズとCBの戦いは熾烈を極めていた。そこに突如、巨大な光の帯が戦場を包み込む。

機動戦士ガンダム00 Second 第22話「未来のために」

2009–03–09 (Mon) 06:47
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 3 [DVD][あらすじ]
連邦軍も統合したアロウズの大艦隊が、ソレスタルビーイング殲滅のため集結しつつあった。最後の決戦を前に意気込むグッドマンたち。プトレマイオスでは、戦いの決着をつけるべく、刹那たちが互いの決意を口にする。最後の決戦まで間もない中、フェルトは刹那にラボで生成されたという一輪の花を渡す。それはかつて、ゲリラ兵だった少年時代にも見たことのある、中東地方に咲く花だった。

機動戦士ガンダム00 Second 第21話「革新の扉」

2009–03–02 (Mon) 06:31
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 2 [DVD][あらすじ]
時間差があって届いた留美からの連絡は、ラグランジュ5のある宙域のポイントだけのものだった。不審に思うプトレマイオスクルー一同だが、刹那は進路を向けるよう提案する。イアンもまた、その付近にあるソレスタルビーイングの秘密工場では、リンダたちが新装備を開発しているからと賛同し、一同は留美からの連絡で指定されたポイントへと向かった。ヒリングたちは、先の戦闘でのダブルオーライザーの力に歯噛みし、モビルスーツの性能以上に、何かがあるのではと思い始める。

機動戦士ガンダム00 Second 第20話「アニュー・リターン」

2009–03–02 (Mon) 06:29
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [DVD][あらすじ]
プトレマイオスに軟禁されるも、余裕の笑みを浮かべ、スメラギらの問いかけにも見下すようにはぐらかす返答を重ねるリヴァイヴ。そのとき、フェルトから、ミレイナが連れ去られたという通信が入る。

機動戦士ガンダム00 Second 第19話「イノベーターの影」

2009–02–16 (Mon) 11:39
機動戦士ガンダム00 (2) (角川コミックス・エース 146-5)[あらすじ]
混乱する戦況の中、ルイスの機体を探し求める沙慈。ピーリスもまた、セルゲイの仇を討とうとアンドレイの乗るMSを探す。ヒリングとの交戦時に、刹那がツインドライヴの力を解放させると、ダブルオーライザーから放たれた粒子が戦闘宙域一帯に広がった。

機動戦士ガンダム00 Second 第18話「交錯する想い」

2009–02–09 (Mon) 19:35
機動戦士ガンダム00 1 (1) (角川コミックス・エース 146-4)[あらすじ]
軌道エレベーターの崩壊「ブレイク・ピラー」事件より4か月。沈黙していたソレスタルビーイングが活動を再開したという報告がホーマーたちのもとに届けられた。一方、連邦がアロウズの傘下に下ったことを懸念するプトレマイオスクルーに、今こそヴェーダを取り戻す作戦を決行すべきと進言するティエリア。そのためにイノベイター捕獲を主眼とした作戦をスメラギは立案する。

機動戦士ガンダム00 Second 第17話「散りゆく光の中で」

2009–02–02 (Mon) 12:46
機動戦士ガンダム00  (3)フォーリンエンジェルス (角川スニーカー文庫)[あらすじ]
状況が逼迫する中、修理が不完全なまま現状を打開できずにいたプトレマイオス。そんな中、負傷した刹那は、今なすべきことをなすために、傷を負った体で立ち上がる。そして刹那は沙慈にある言葉をかける。

機動戦士ガンダム00 Second 第16話「悲劇への序章」

2009–01–26 (Mon) 19:06
機動戦士ガンダム00  (1)ソレスタルビーイング (角川スニーカー文庫)[あらすじ]
アロウズの突然の撤退、それは連邦内部でのクーデター勃発を告げる情報によるものだった。カタロンからクーデターの情報をキャッチした刹那は、ダブルオーの進路をアフリカへと向ける。だがそこで刹那を待ち構えていたのは、新たな機体を携え再び姿を現したミスター・ブシドーだった。

 | HOME |  次へ »

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

水月

Author:水月

カウンター

最近の記事

カテゴリー

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。